Hello world!

はじめまして、今回は初投稿ということで、自己紹介をさせていただきます。

 

わたしは本業で福祉の仕事をしながら、副業でネットビジネスをして3年くらいたちます。

去年やっと毎月の収入が本業を超えるようになりました。

 

家族は妻と女の子2人(中学生と小学生)の4人家族です。

 

20代の頃はバンドマンで、「食べていくためのアルバイトでも、なにかやりがいのあるのないかな」と介助のヘルパーを始めて、資格も取りました。

その後は結婚してバンドをあきらめて正社員になって、高齢者福祉でケアマネやったりしていました。

障害福祉に転職してから管理職になったんですが、経済的自由や時間的自由が欲しくて副業を始めました。

現在は管理職はやめて、週4勤務の正社員です。

夜勤や宿直もなくなり、かなり楽に仕事できています!

 

このブログでは、昔の自分や現在の同僚に向けて発信していきたいと思っています。

 

福祉の仕事をしている人は、昔の自分や周りの人も含めて、今の働き方はしんどいけど、もう自分にはこれしかない、この道しかないとあきらめている人が多いんじゃないかと思います。

(もちろん創業者のかたとか、この業界を変えたいといった、とても意識の高い人は別ですが。)

福祉は他の仕事でうまくいかなくて転職してきた人が多いと思うので、「キツイけどこれをずっとやっていくしか自分にはできない」と思ってる人が多いんじゃないかと思います。

 

私も最初は全力で仕事に取り組んで、色々責任のある仕事も任されるようになってやりがいも感じててよかったんですが、段々時間が経つにつれ辛くなってきました。

少しでも給料を上げるためには管理職になるしかないと思いがんばっていましたが、まずとにかく仕事量が多すぎて休日の前にはもう疲れ果てていました。

休みの日も仕事をしたり、担当の部署を気にしたり、夜勤の疲れをひきずっていました。

休みが少ないので、家族との時間もなかなか取れず、まとまった休みをとって家族旅行とかもなかなかいけません。

そもそも給料がそんなに良くないですからね。笑

管理職といってもプレイングマネージャーなので、現場に入ってる時もガンガン電話がかかってきて色々調整したり、勤務時間が終わってからデスクワークしたりが当たり前でした。

たくさんのタスクを同時にやって、利用者さんと接している時も苛々することが多くなり、「これじゃあかん」と思いました。

思えば管理職になる前から仕事のしんどさは感じていて、「本当はパートとかになって、ゆっくり利用者さんと接したいな~」と思っていました。

その時は思っているだけだったんですが、家庭の事情などもあって、わたしは数年後、実際に行動に移しました。

 

わたしはこの働き方や、この仕事が向いていないと思っている人に、その他の選択肢もあるよということを伝えたいです。

もう少し負担を減らして楽しく働いたり、向いてないなら辞めることもできると。

無理に続けたって利用者さんを虐待してしまったり、よくないことにつながる可能性もあります。

 

この業界を変えるとかそういうのは意識高いかたに任せて、自分は気楽に楽しくプライベートも大切にしながらやっていきたい、そんな人に読んでいただきたいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です